ロゴ

専門サービスを活用する〜家賃保証会社に依頼しよう〜

>アーカイブ>不動産投資初心者は家賃保証会社などを積極的に活用するべき

不動産投資初心者におススメの投資方法

不動産投資には、いくつかの投資方法があります。大きく分類すると、売却と賃貸経営に分けることが出来ます。初心者におススメしたいのは、賃貸経営で家賃収入を得る方法です。

不動産投資を始める際に気になることランキング

空室
no.1

賃貸管理や物件管理が難しそう

不動産投資には、賃貸管理や物件管理が欠かせないものとなっています。その為、副業として不動産投資を始める人の多くは賃貸管理や物件管理について不安に感じている人が多いようです。しかし、近年は、家賃保証会社や管理会社のサービスが充実しているので活用すると良いでしょう。

no.2

税金について

初めて不動産投資をする際には、税金に関して気になるものでしょう。税金の手続きは素人で行なうとなると難しいものがあります。その為、税理士に相談しましょう。また、物件購入前に不動産会社へ節税対策が高い物件などの情報を教えてもらってから購入すると良いでしょう。

no.3

準備しておくべき資金について

基本的に、不動産投資は余剰資金で行なうべきものです。しかし、年収が一定以上あれば、金融機関から融資を受けることが出来ます。なので、資金が足りないかもと感じるのであれば、金融機関へ相談してみましょう。

no.4

地震などの災害が心配

災害で不動産投資物件が倒壊してしまうことを心配している人が多いようです。しかし、地震保険や火災保険などに加入することでこのようなリスクは避けることが可能です。

プロにサポートしてもらおう

立川で不動産投資を始めるにあたって、プロにサポートしてもらうことが必要になります。家賃保証会社や管理会社や税理士、保険会社などに相談して様々なリスクを回避していきましょう。

不動産投資初心者から寄せられる質問

インテリア

自主管理と管理会社に任せるのはどちらがいいの?

自主管理は委託費用が掛からないことが大きなメリットです。しかし、入居者からのクレーム対応などにも自身で対応しなくてはいけません。その反面、管理会社へ委託すれば管理費用を支払う必要が出てきますが、クレーム対応や物件管理などを一任することが可能です。

マンションとアパートの違いがよく分からないのですが・・・

法律的には、明確な基準はありません。しかし、一般的には、木造建てやプレハブ造の建物をアパートと呼び、鉄骨コンクリート造や鉄筋鉄骨コンクリート造の建物をマンションと呼んでいます。

空室リスクを抑える為にはどうしたらいいの?

一棟売りアパートやマンションは築年数が経つにつれて空室リスクが高くなるものです。しかし、サブリースを活用することで空室リスクを回避することが出来ます。

不動産投資初心者は家賃保証会社などを積極的に活用するべき

空き部屋

みんなで大家さんとは

みんなで大家さんとは、一口100万円から不動産投資を行なうことが出来る資産運用商品です。商品説明会も定期的に行なっており、想定利回りを下回ったことがなく信頼度が高い資産運用方法だと言えるでしょう。

家とお金

申込方法について

まずは、資料請求をして商品の仕組みを把握しましょう。そして、実際に申し込みを行ないます。契約前にスタッフから重要事項についての話があります。それらに納得をしたら、必要書類や印鑑などを用意し、契約となります。

不動産投資で上手に資産運用をしよう

資産をそのまま、銀行口座に預金していても僅かな金利しか得ることが出来ません。なので、不動産投資を活用して資産運用をするべきです。